小学生はどのくらいまで勉強すべきか?

小学生はどのくらいまで勉強すべきか?

現代日本の小学生は、多くの児童が塾通いをするなどハードな環境に置かれていますが、大切なのは勉強を嫌いにならないことです。

小学生はどのくらいまで勉強すべきか?

近頃の小学生は、親世代が小学生だった頃と比べて、とても厳しい環境に置かれていると思わざるを得ません。受験戦争が前倒しになって、中学受験をする子は今や珍しくなく、小学校、果ては幼稚園でも「お受験」があるというのですから驚きです。
私が小学生だった頃にやっていた勉強といえば、学校の授業と宿題のほかには、せいぜいテストが返ってきたときに間違った問題を復習するくらいのものだったのですが、今の小学生は勉強熱心で、家庭教師をつけたり、学習塾に通っている児童は高学年で37パーセントに達するそうです。


そんな子供たちを見ると、「遊びざかりの頃からそんなに一生懸命勉強しなくてもいいのに」とか、「かわいそうだな」と思うこともあります。しかし以前、学習塾に通っているという親戚の男の子(当時小学5年生)に「勉強は大変?」と尋ねたときに、「ううん、楽しいよ」と答えが返ってきたことが思い出されます。そうか、この子は勉強が嫌いじゃないから、勉強することが苦痛にはならないのかと、当たり前のことなのに目から鱗が落ちる思いでした。

小学生の勉強で差がつかないためには

小学校に入学すると、いよいよ本格的な勉強がスタートしますね。ピカピカのランドセルに真新しい教科書とノートを入れて、子供たちは嬉しそうに学校に通い、積極的に授業を受けます。ところが、学年があがるにつれて、勉強が嫌い、授業がつまらないといった子が少しずつ増えてきます。勉強がどんどん難しくなり、わからないことが出てきて、それを解決しないでいると授業はさらに先へと進み、最終的にはテストで良い点がとれなくなって、勉強がイヤになってしまうのです。


中学生や高校生になれば、イヤでも勉強しなければならないのだから、小学生のうちくらいはのびのびと過ごさせてやりたいという気持ちの親御さんも少なくないと思いますが、小学校で教わる内容は、これから始まる長い勉強生活の基礎となる部分です。
「現代日本の小学生たるもの、ストイックに勉強一筋で励むべし!」とは言いませんが、ある程度の努力はやっぱり必要。宿題をきちんとやる、テストの復習をきちんとやる、わからないことをそのままにしておかない等、最低限のことはこなしておいた方が良いでしょう。


小学生のときにどのように勉強に取り組めば良いかについては、家庭の方針や中学受験をするかしないかなどの条件によって変わってきますので、正解は一つではありません。また、子供自身の性格なども深く関わってきます。
この時期の勉強については、「できるかできないか」「成績が良いか悪いか」の前に、勉強が嫌いにならないこと、自分から机に向かう習慣を付けること等、勉強に対する姿勢づくりの部分が大切です。ここで勉強に壁を作ってしまうと、後々に大変なことになりかねません。逆に言うと、ここで基盤を作っておけば、中学高校と進学しても、自分から進んで勉強に取り組んでくれるようになります。

子どもの将来のため、勉強はきちんと

冒頭で紹介した親戚の男の子はいま中学2年生。週に2回の学習塾通いをしながら、バスケットボール部に入って、勉強に、部活に、遊びに、楽しそうに過ごしています。彼を見るたびに、小学校時代から勉強と遊びのバランスがうまく取れていたのだなと感心してしまいます。だからこそ、勉強が嫌いにならずに、かつ苦手にもならずに、ここまで来くることができたのだなと思うのです。


教育とは本当に難しいものですが、大切な我が子の将来が明るいものになるよう、普段からよく親子でたくさんのことを話し合って、共に学ぶくらいの姿勢で、勉強に取り組むのが良いでしょう。頭ごなしに「勉強しなさい!」と叱るよりも、じっくりと話し合ったりなだめたりした方が、子供はやる気を出してくれます。大らかに、そして時々は厳しく、子供たちをしっかりと見守り、励ましていきたいですね。


 
Copyright (C) 2010 小学生はどのくらいまで勉強すべきか? All Rights Reserved.